ユイリカのブログ

悩み相談受け付けてます

雪を楽しめるかどうかの線引き

f:id:yuirika:20190217191739p:plain

今週のお題「雪」

東京民なので雪は年に数回降る程度だ。雪が降ると電車やバスの遅延で「つれーわー、マジつれーわー」になる人もいるが、私は結構ワクワクして楽しめる方だ。
メンタル小学生かもしれないが、等しく起こるイベントなら楽しめる方がいいにきまっている。
「つもってくんねぇかな」とてるてるぼうずを冷蔵庫の中に入れたりしている。
まあ嘘だけど。

特に小学生のときはかなりワクワクしていた。東京はぼた雪よりなので、ちょっと降るだけでも見た目的にインパクトがある。
子供の描く雪の日のイラストを思い出してほしい。雪だるまよりもちょっと小さいくらいの白球をブルーの空に描くはずだ。
誇張している面が8割を占めるが、でかい白球を描きたくなる心理が分かると思う。(そしてでかい白球を描くのは地域関係ない、と言うのは心の奥に留めてほしい。口に出したらKY判定だ。)

どか雪なので一度降ったらそれなりにつもる。我が家にも雪かき用のスコップがあるし、積雪20cmになる年もある。
東京の雪に注文をつけるとしたら、年によって全く積雪量が異なることだ。まぁ積雪の変動はどう考えても東京だけの注文でないが、今年の量はどうなのか、ということを毎年1月2月は考える。
アホみたいに降る年もあれば、今年みたいな暖冬だとほとんど降らないこともある。
一定じゃないのは正直に言わなくても面倒くさい。
しかし降ったらそれなりに嬉しいのが精神年齢10歳の私だ。
さすがにもう踊り狂ったりはしないが、ミニかまくらを作ろうと頑張ったり、大人しくできる範囲で楽しんでいる。

そんな私の祖先は山形出身であり、上京してきた理由は「もう雪が嫌だ」からだ。
東北民は全人類共感できるのではないか。と、言いたいところだが、そうしたら東北はもはや人類未踏の地みたいになってしまう。
とりあえず私の祖先は雪に耐えきれなかった。子どもの描く絵の背景のごとく、マジで「ブルー」だったのである。
雪は年に数回降るのが一番楽しめる、というのが個人的意見だ。

ハウツーブログの書き方

f:id:yuirika:20190209084953p:plain
WW1直後のドイツマルクよろしく、ハイパーインフレタイトル「ブログの書き方」。誰1人として私に「知りたい」など言ってこなかったが、私は書きたいから書く。ブログは私の独壇場である。

まずブログは全てスマホから書いている。電車やバスの移動時間にもささっと書けるし、はてなブログスマホ対応もしているのでパソコンより使い勝手が良い。
何よりタイピングよりフリック入力の方が早い。スマホは予測変換のした先の予測もしてくれているので、パソコンより気が使える子とも言える。

記事のテーマを決め、文を書き予約投稿をするまでは大体1時間。私のブログは「写真を使わない、フォントをいじらない」方針なので書き上げるのはかなり早い方だと思う。

ちなみに今までの記事の中で写真を使ったのは、お菓子レビューの一件だけである。
私の文章能力は成城石井のチーズケーキに負けたとも言える。(ただ一般的には食べ物テーマなら写真を乗せた方が分かりやすくていいと思う。)
アイキャッチ画像は無いとさすがに寂しいので、いらすとやのかわいい絵で統一している。
いらすとやで検索して、欲しい絵が見つからなかった事は一も無い。莫大なストックを持つみふねたかし様々である。

タイトルを決める順番はバラバラ。テーマを決めた直後にタイトルを決めることもあるし、文章を全て書き終えた後の場合もある。ただ話の流れを全く無視したタイトルをつける訳にもいかないので、大体最後にタイトルは決定する。

思ったことただつらつら書いているだけなので、あまり書くこと自体に悩んだことはない。
ふざけた記事の場合は(8割方ふざけた記事だが)ネタをどこにつめられるのか考えながらフリックしている。
また「話の面白さはオチで決まる」と思っているため、最後の一文は少し真面目に考えてフリックしている。

画像をつけタイトルを決めたら8割型終わったようなものだ。スマホ画面からのプレビューを見て、ブログ全体を見やすいよう整えたらおおむね完了である。最後にタグ付けしたら予約投稿して終了だ。

ここまで読むととてもテキパキ記事を書いているように思えるが、全くそんなことはない。
私はアホなので、「タイトルの付け忘れ」「画像の付け忘れ」をしたのは一度や二度ではない。
特にタグ付け忘れに関しては、スマホ画面から確認できないのもあり日常茶飯事ではなくいつもだ。

はてなブログがブログ初心者にもかなり優しい作りをしているのは肌で感じている。
ただ「タイトル忘れてるよ!」とか「タグ付けしないの?」とかの通知機能が設定でいじれたら良いのにと思う。

追記:成城石井の記事は後日上げるものであった。記事の順を間違えることがあるのもユイリカクオリティと言える。

「好きなことで稼ぐ」ことの難しさ

f:id:yuirika:20190208130329p:plain
「好きなことで生きていく」

皆ご存知、某をつける必要ないくらい有名YouTuberの言葉である。

このネット社会では以前と比較し、はるかに個人経営や趣味のネタマイズがしやすくなったと思う。
昔は組織に入らなければできなかったような一大事業やその資金だって、今やクラウドファウンティングで協賛金さえ手には入れば1人だって何でもできるのだ。
組織主体の社会から個人主体の社会へと変わっている。YouTuberやブロガーを例に上げるまでもなく誰もが肌で感じているだろう。少なくとも当ブログを読むようなあなたは。

ただ、果たしてこれは本当に楽しい生き方なのだろうか。

「そんなん人による」「有名になればお金もウハウハじゃん」「皆楽しいっていってるし、こっちにきなよと勧めてる人も多いだろ」「趣味を金にできたらつまらないわけなくね?」

どれも正解である。ただ考えてみてほしい。「趣味を金にする」ということは「世間の意向にあうものを提供し続けなければならない」ということである。これはミュージシャンや漫画家だってそうだ。
いや、ブロガーやYouTuberはそれ以上に世間の目に敏感でなければならない。

Googleアクセス解析をして、どういうネタならPV数、再生回数が増えるのか日々考え、少しでも見てもらいやすいよう編集も抜かりなく行う。

たしかに本気で特技や趣味の知識、文才を生かしてお金を稼ぐというのは楽しい面、新たな発見だってある。

ただ考えてみてほしい。「世間を追いかけ続けた自分の作品」は100%あなたの伝えたいものが書けているのだろうか。

そもそも集団だろうが個人だろうが「金を稼ぐ」が目的にある以上どんな人間でも「金をくれる側」である世間様の目は気にして生き続けなければならない。

そして「金」が1番の目的になったとたん「ひたすら何をすれば売れるのか」という恐怖のネバーエンディングストーリーの幕開けなのだ。
ある程度固定ファンがついたって飽きられないように常に新しくなければならない。

だから、個人業で金を稼ぐなら「金を稼ぐ」以上に「伝えたい何か」を大事にしなければいけないのである。そこがブレたら自分が金に振り回され続ける人生待ったなしである。
「金」「PV数」「再生回数」たしかにどれも大事かもしれない。ただそれらが一番の基準になったら俺は金の犬です!と言っているようなものだ。
「好きだから続けていた」が「金が欲しいから続けている」になると趣味に対する見方が変わってくる。価値基準が変わったのだから当たり前である。

ブログでも何でも、「書きたい」「伝えたい」という思いを一番に置かねば良いものなんて出来ない。
だってものを書くってそういうことだから。

他のブロガーの方も金の犬にならないよう、「自分は何を1番大切にしたいのか」をPV数を抜きにして一度考えてみてほしい。

切り詰めるより稼ごうぜ

f:id:yuirika:20190206115525p:plain

お題「貯金の方法」

貯金。大してした記憶がない。
というか貯金する方法なんて他のブログでもたくさん書かれているし、もう飽和状態だろう。もはや自分で書くメンタリティーにすらならない。
例のごとくふざけて書こうと思うので、今から笑いの沸点を4℃くらいに下げておいてほしい。

ちなみに4℃のアクセはメルカリに出されるまでが一連の流れなので(ツイッターを見る限りは)、貯金貯まったら彼女に4℃買うよりはパチンコやった方が自分のためになるかもしれない。

自分の買ったものの行方が気になるくらいだったら最後まで自分のお金を見届けられた方がいいだろう。わんちゃんお金が倍以上になるかもしれないし、興奮で自分の体温は38℃くらいになるんじゃないだろうか。そうなったらぜひ病院に行ってほしい。

「貯金したらパチンコに行け」というとんでもないアドバイスから始まったが、「あれが買いたい」「旅行行きたい」「生活費がカツカツやべぇ」みたいな状況にならないと人間まず貯金なんてしない。あればあるだけ趣味につぎ込んじゃうだろう。学生時代や若いうちは。

言うまでもないが、本当に貯金を考えるのはある程度大人になってからであろう。今は「老後に備えてあと何千万必要です」系の本が出回っている気がするが、生きているか死んでるか分からん老後の為に30代40代からひたすら不安で貯蓄し続ける人生もいかがなものなのだろうか。
特に若い世代は「長生きしたい」と思っている人間は少なそうなので、この考えももう少ししたら廃れるのかもしれない。人生100年時代と言われているが、一体100歳まで生きたいと思ってる人はどれくらいいるのか。私も人間そこまで長く生きなくても良いと思う。 

貯金を本気ですると固定費や日々の生き方を見直すことになると思うが、私としては「お金を切り詰める」ではなく「お金を増やす」方向で生きた方が楽しいんじゃないかと思うのだ。
つまりは副業である。出費を見直すことはもちろん大切だし、節約によって分かることもたくさんあるだろう。ただ節約しててもあまり明るい方向に行かない気がするし、人間生活水準をなかなか変えられない以上切り詰められるお金には限界がある。

それよりかは「新たにお金を稼ぐ」方向で生きた方が明るい方向で新たに分かることもたくさんあるだろうし、楽しそうだと思うのだ。

以上、ふざけようと思ってもふざけられなかった次第である。

にわかとガチ勢は対等になれない

f:id:yuirika:20190206115844p:plain

お題「最近知った言葉」

最近邦ロックの色んなアーティストの曲を聴くのにハマっている。

いや、邦ロック自体は前々から好きだったのだがなかなか別のアーティストに手を出さないタイプであった。

気に入った料理があると美味しいと話題の店でもついつい同じメニューばかり頼む類の人間である。

一応ここで音楽偏差値5の人間に説明すると、邦ロックとは邦楽ロック、つまり日本人が歌っているロックンロール全体を指す。平たく言えば日本人バンドマンの事だ。まぁ有名どころで言ったらback numberやWANIMA、ゲスを極めすぎた乙女などが上げられる。

ちなみに私は曲なり歌詞なり、旋律やフレーズがちょっとひねくれたやつの方が好みである。好きなバンドはキュウソやフレデリックという分かりやすい偏り方をしている。(好きになれるかは神のみぞ知るが、初見勢はYouTubeの曲を1つでもいいから聴いてみて欲しい。)

しかし「私は邦ロックが好き!」とはなかなか声を大にしては言えない。上には上がおり、全曲聞いてる訳でも常に音楽聴いてるタイプでもないからである。

常にライブに行っているようなファンから見たらぜったい「にわか(笑)」で終わるタイプだ。いや、笑われるのならまだいい。ガチ勢はにわか判定したやつをひたすら敵視し続ける傾向にある。

深い話が出来ると思ったら違かった、確かにアーティストへの思いが強ければ強いほど「何だこいつ」感は拭いきれないであろう。

だからにわか(笑)は「○○すき!」と公言出来るタイプの人間に対して「私も結構好きだよ、そこまで詳しい訳ではないんだけど…」と答えるのがベストだ。

間違っても「結構」と「そんなに詳しい訳ではない」の2フレーズを忘れてはならない。刺されたくなければ海馬に焼き付けておくのがベターだ。さもなくばいつか刺されなくとも撃たれる。

始めに下に出れば、少し残念がられることはあっても身の安全は保障できるのだ。それだけガチ勢とはある意味怖い存在なのである。

とんでもなく前置きが長くなったが、私が最近知った言葉は「King Gnu」というバンドである。フレーズもメロディーも懲り具合がハンパなく、初めて聴いた時は全曲かっこよすぎてビビったものだ。

他のバンドとレベルが違いすぎる。そう思った。どこら辺がどうかっこいいとか説明できないのが音楽に詳しくない人間の悲しい性なのだが、めちゃめちゃおすすめなのでぜひ聴いてみてほしい。

◇バレンタインに マカロンを ゲットした!

f:id:yuirika:20190211235730p:plain

今週のお題「わたしとバレンタインデー」

もし上記のコマンドがリアルであったとしよう。

男性諸君、踊り狂って大丈夫である。
なんならブレイクダンスくらいかましても構わない。
なぜなら、実はマカロン作るのはめっちゃ面倒&大変だからだ。恋愛経験値は一気に1000ぐらい上がる。ボス(マカロンくれた子)まで街によらず一直線しても大丈夫だ。きっとHappy endが待っている。

お菓子偏差値5の人間にも一応説明すると、お菓子も作りやすさ、とっかかりやすさのランクがある。

Lv.1ゼリー
Lv.10クッキー
Lv.50チーズケーキとか混ぜて焼く系のケーキ
Lv.100マカロン

大体こんな感じだ。とりあえずマカロンは難しい。

私も昔、友チョコとしてチョコマカロンを作ったことがある。一応成功したのだが、卵を室温に戻したりオーブンの温度をちゃんと合わせなければいけなかったりでなかなか大変だった。
それくらい普通じゃんか、手順通りやればお菓子なんか出来るだろ、あなたはそう思ったかもしれない。

私もそう思っていた。

ただマカロンは違う。手順、分量守ってもうまくいかないことも多いのである。特に卵を本当に室温に戻さないと上手くいかない。表面部分が潰れたぺしゃんこマカロン(仮)が出来上がる。ちなみに私が2回目に作ったマカロンは(仮)であった。まぁマカロンやアニメに限らず「2」が失敗することはままある。

そしてマカロンは買っても高い。4個しか入ってないのに1000円とか普通にある。お菓子界のキャビアブルジョア向きなのかもしれない。

だからそんな面倒くさい&高級なお菓子マカロンを手に入れられた男性はバレンタインの勝者だ。
非リアに刺されない程度に踊り狂って浮かれてほしい。

このお題は試されているのか

f:id:yuirika:20190206090235p:plain
お題「起きて最初にすること」

何だこのお題は。朝起きて最初にすることなんて誰も絶対大してかわりないだろう。朝っぱらからそんなに特殊なことやってる人間なんているのか。「朝起きて最初にすること」で1記事書ける人はめちゃくちゃ文章力があるか、ただの変態である。

運営がこちらの力量を見ているか、適当に匙を投げたかのどちらかであろう。ジャンプ的展開なら前者だが、残念ながらここははてなブログである。圧倒的後者だ。

しかもこの話題が怖いって、絶対盛りあがらないのが目に見えているのだ。試しに次の合コンで「朝起きて何をするか」と聞いてみてほしい。多分そいつはモテない。「へー…」以外の反応ができないのである。

盛り下がることを承知で「朝起きて最初にすること」に解答すると、トイレである。

たぶん100人中5000人の行動と同じである。

本当に何なんだこのお題は。例え「コーヒーを豆から挽いて飲む」くらいオシャレな解答したって「へー…」で終わる。
解答の質がコイルがガブリアスにギガ進化したって元の設定がかなりクソゲーであり、まともに楽しめないパチモンみたいなもんである。

「トイレ」という話題で続けることができたらまた別の意味の変態だし、そいつも絶対モテない。

運営もお題ネタだしに大変なのは分かるが、せめて「夜寝る前にすること」に変えたらもう少しバリエーションもあったのではないか。

今回はボロクソ言ってしまったが、お題スロットはとても記事を書きやすいシステムなので今後も(書ける限りは)使っていきたい所存である。